スタッフブログ

かつまペットクリニックのスタッフブログ

Dr.茂住のカンタン英語講座~眼科

皆様ご無沙汰しております。
獣医師の茂住です。
 
 
 
わたくし茂住による、カンタン英語講座ですが4月ぶりということで、待ちに待たれた方はいらっしゃ。。。らなさそうですが、病気に関することもお話したいと思うので、ご興味のある方は読んでください(o^-^o)
 
 
 
f:id:katsuma-pc:20191210174518j:plain
(福島先生、オペをする。)
 
 
 
 
さて、今回のテーマは「眼」に関してお送りしたいと思います!
 
 
眼の病気でよくある症状、今回は「目やに」、「充血」についていつもみたいに英語でなんというかみていきましょう!
 
 
 
1、目やに
もし目やにがたくさん出るのが原因で病院に行く場合は、
「Bob has lots of eye discharge these days」(ボブは最近目やにがすごいんです)
「John has got inflamed skin from eye discharge」(ジョンは目やにから皮膚炎が起きてるんです)
など、Eye discharge (アイ ディスチャージ)を使うと一般的で丁寧かと思います。
Dischargeという言葉は、どこかからか出てきている液体(分泌物)のようなイメージで、鼻からの液体が出ているのであれば「Nasal discharge」、傷口からの液体であれば「discharge from the wound」というような感じです。
その他には目やにはEye mucus(アイ ミューカス)、Sleep(スリープ)ともいいます。
目やについて先生にお話しするときは、どのようなDischargeなのか、Yellow dischargeなど色までお話ししましょう。
 
 
 
 
f:id:katsuma-pc:20191210174522j:plain
(オペ中の福島先生にズームイン)
 
 
 
2、眼がシュパシュパしている
こういった症状には、細かいお話をすると、光への過敏や痛みにより瞼を閉じてしまう場合の「羞明」、または眼瞼ピクピク動いているように見える「眼瞼痙攣」などが考えられます。難しい英語で表現すると、羞明は「photophobia」(フォトフォビア)、眼瞼痙攣は「blepharospasm」(ブレファロスパズム)といいます。
どちらにしても難しい言葉なので、眼を痛そうにしてる場合は、
「His eyes look so sore」(眼がすごい痛そうなんです)、SoreをPainfulなどに変えて大まかに話しましょう!笑
(ちなみにphobia-フォビアとは、恐怖症という意味があり、○○phobiaで○○恐怖症となります。昆虫恐怖症であればInsectophobiaになりますし、飛行機恐怖症であればAerophobiaとなります。)
 
 
 
f:id:katsuma-pc:20191210174526j:plain
 
(一瞬ですが笑顔をくれました)
 
 
他にも眼の症状について書こうと思ったのですが、また長くなってしまったのでここらで終わりたいと思います!
 
 
 
まだまだ暑い日が続きますので、皆様もお体にはお気をつけ下さい!