スタッフブログ

かつまペットクリニックのスタッフブログ

処方食フードのご紹介~オーラベットで歯を大切にしましょう

 昨日の関西の震災により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地に一日でも早く日常の日々が戻ることをお祈りいたします。

(私も親戚が茨木市にいるため、安全が確認できるまでは本当に心配でした…。)

 

 

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

なんだか歯が痛いので歯医者にいったら、虫歯でも歯周病でもなく、歯が欠けてるとかで…( ; ゜Д゜)


いわゆる糸切り歯と言われる歯が平らになってるくらい、歯ぎしりとか食いしばりがあるのではないかとのことです。

ちょっとガーン。

 

 

さて、当動物病院で抜歯をする理由のトップは、ワンちゃんの歯の欠け、破損です。

 


骨をガジガシ、武器にもなる、とてもじょうぶそうなワンちゃんの歯ですが、じつは外側のツルツルのエナメル質はヒトよりも格段に薄く、なかなかにデリケートなのです。

とくに大型犬で、歯のケアのために与えられた固いオモチャやヒヅメ、ツノなどで奥歯が欠けてしまうことがよくあります。

ワンちゃんのデンタルケアにあたえるものは、人の力で曲げられる程度の弾力は必要です。

 

 

f:id:katsuma-pc:20191210173518j:plain

当院おすすめのデンタルケアガム

オーラベット

はうちのイブも大好きです。

魅惑のバニラ?チョコ?の香りに夢中♪

 

 

f:id:katsuma-pc:20191210173521j:plain

歯全体を使うまでは手に持って与え、しっかり奥まで使ったら好きにあげます。

さすがに 16歳のおばあちゃんなので、顎が疲れちゃうかな~と途中でガムを回収しました。

 

 

 

ところが翌日残りをあげたらちょっと噛んでそのままごっくん!したそうです。

f:id:katsuma-pc:20191210173524j:plain

 

オーラベットは小麦粉など消化できるもので作られており、また角が全て丸くなっているため、喉にひっかかってゲエゲエしていなければまず大丈夫です。

 

f:id:katsuma-pc:20191210173844p:plain

(オーラベットHPより)

 

 

しかしガムによっては、丸飲みが危険なものもあります、また噛んでこそハミガキ効果が期待できます。
ガムを与えたら与えっぱなしにせず、飼い主さんがある程度までは噛ませてあげましょう。

 

 

7/16のサマーイベントでは、今回のデンタルケアも含め、7歳以上のこれからシニア突入のワンちゃんネコちゃんが、どんなごはんを選んで、どんなことを日々気をつけて、そしてどんなときに病院にきたらいいかをお話しする予定です。
質問タイムもありますので、気になってることのある飼い主さん、ぜひどうぞー(*´∀`)つ。

 

 

 

当院は毎週火曜日がフードの日、フードやサプリメントが10~20%OFFでご購入いただけます。 お気軽にお電話ください。