スタッフブログ

かつまペットクリニックのスタッフブログ

リハビリセミナー

こんにちは、動物看護師の晝八です。

 
早いもので、もう12月💦
普段なかなか日々を振り返る間もなく過ごしている私も、この時期になると、一度立ち止まって今年一年のこと、新しい一年のことを考えたくなります☺
 
そもそも今年の初めに立てた目標は何だったかな・・と考えながら、このブログを書いています・・笑
 
そんな私がご報告出来ることが1つ、最近『リハビリ』についてのセミナーに参加させて頂きました。
 
講師の方に、以前院内でシニアのワンちゃんについての勉強会を開いて頂いたことがあったのですが、その時から気になっていたセミナーに、今回参加させて頂きました。
 
まず、ワンちゃんの正しい姿勢から。
ワンちゃんは前肢に体重の70%、後肢に体重の30%の負荷がかかっています。
そして、前肢は肩関節から肢先、後肢は股関節から膝関節・肢先までが一直線上にあるのが正しい姿勢です。
更に前肢・後肢共に左右バランス良く体重が乗っているのが、理想的な姿勢となります。
 
 

f:id:katsuma-pc:20211130173456j:plain

 
(セミナーにて、トレーニングの練習風景です)
 
前肢をメインで使っているので、ワンちゃんは普段後肢はあまり意識していないと言われています。そのため、高齢になってくると、普段あまり使っていない後肢から衰えてきます。そして、立つことも難しくなり、歩けなくなってしまう場合もあります。
 
それを防ぐためにも普段から、楽しく遊びながら出来る、後肢を意識させるような筋トレをしてあげましょう✨😊
 
お散歩の時に、少し工夫して歩くだけでも、十分筋トレになりますよー!😆
 
具体的なトレーニング方法は、ホームページに掲載していますので、是非ご覧になってみて下さいね♪
 
 
ただし、現在治療中の子や、既に体に痛みがある子は、トレーニングを行う前に獣医師までご相談下さい。
また、12~13歳以上のワンちゃんは、急にトレーニングを行ってしまうと、それで体に痛みが生じてしまうことがあります。事前にホットタオルなどで関節を温めてあげると、血流が良くなり、怪我の予防にもなります。お散歩前にもオススメです☆
 
関節の温め方もホームページに掲載していますので、参考にしてみて下さいね😊
 
整形外科手術を受けた子、高齢の子、元気だけど姿勢が崩れてしまっている子、どのワンちゃんにも共通して、『正しい姿勢に戻すこと・近づけることがリハビリの最終目標』だということを、セミナーで学びました。
 
まだまだ勉強中ですが、、私がマッサージやストレッチ・トレーニングを行ったり、方法を飼い主様にお伝えしていくことで、たくさんのワンちゃんが飼い主様との楽しい時間をより長く過ごせるよう、お手伝いが出来るようになりたいな・・と新たな目標を考えつつ、今年を締め括ろうと思います。
 
最後に、、1年半ぶりにブログに登場、我が家のぴーちゃんの写真を♡
 
 

f:id:katsuma-pc:20211130173516j:plain

 
(ラジオを一生懸命聞いています。姿勢はいつも一直線です!笑)
 
先日かなり久しぶりに体重をはかったら、40gだった体重が46gに・・😖
見た目では全然分かりません😭
 
ぴーちゃんももう6歳、中年期に入っているので、日々の食事管理や体調など今まで以上に気をつけて見てあげようと思います!💪